わたしがお世話になっている居酒屋がありますが、唯一ひとりでも入ることができるお店の一つなのです。

そこの居酒屋は、大将がひとりでやっているお店でしたが、店内は多い時で15人近く入るお店だったのです。

もちろんアルコールを出していますから、ビールの注文をしても遅れてきそうなものですが、そこの大将は手が空いていない時は、常連のお客さんに頼んでビールを運んでもらっていたのです。

大将の人柄なのですが、最初に知らない時には店員さんがいるのかと思ったほどです。

わたしも大将と話をするようになり、気さくな人柄に通いやすい居酒屋の一つになった頃には、ビールと頼むと「自分で入れてきて」といってサーバーを任せてもらいました。

しまいには、忙しい時には、わたしが他のお客様のビールを注いだりしたこともあったのです。


それでも嫌な気にならないのも、大将の人柄ですが、お会計の時には常連になるとサービスもたくさんしてくれたからです。
そしてお客さんの中には自分の農園から獲れた野菜を持ってきて、おすそ分けをする人がいたりと、とてもアットホームな居酒屋でした。

しかし、あるときからお店が閉まったのでどうしたのかと、隣のお店に聞いてみると病気で大将が倒れたという話でした。

どこに入院しているのか聞いてみて、お見舞いに行ってみるといたって元気な姿でした。


退院したらまたお店をやって行くからと元気に言っていたのです。

そして退院してからもまた多くのお客さんに愛されて居酒屋として今でも営業は続いています。

http://ebino-kankou.com/enjoyment/
https://www.facebook.com/nihonizakaya
https://www.facebook.com/pages/%E5%8C%97%E9%99%B8%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%8D%94%E4%BC%9A/1375051152745619

あなたのご要望に応じた中目黒のbarをご紹介いたします。

東京のすしについて親身になってアドバイスいたします。



江東区のケータリング情報は必ず役に立ちます。

築地にあるすし全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

Copyright (C) 2015 ビールサーバーを居酒屋の大将に任されました All Rights Reserved.